top of page

NPOコントロールPD設立までの経緯

2023年6月11日

コントロールPDのPDとはParkinson’s Diseaseの略で海外でもよく使用されるパーキンソン病の省略形となります。ですので、コントロールPDとは、【パーキンソン病を上手にコントロールしていく】という、私達の想いがつまっています。


コントロールPDは、WITH THE SMILE 合同会社の社会貢献事業として2017年より活動を始めました。WITH THE SMILE 合同会社とは、「人の傍らで笑顔をサポートする」という理念の元、リハビリ型デイサービスtakk(タック:設立後10年)や、認知症ケア、一般向けに脳から身体へアプローチするトレーニング「ニューロ エクササイズ®」を展開しております。


パーキンソン病とかかわるきっかけ

私共がパーキンソン病について深く学ぶきっかけになったのは、デイサービスtakkで出会った一人のパーキンソン病患者さんでした。「コントロールPD」は、この時期にブログという形で開始しました。


その後パーキンソン病に特化した米国のフィットネスボクシングプログラム「ROCK STEADY BOXING」を2018年日本で初めて導入。





Youtubeを始めたきっかけ

2019年世界パーキンソン病学会が京都で開かれ、ROCK STEADY BOXING としてご縁を頂き、世界中の患者さんと交流する機会がありました。その際「日本の患者さんは、医療制度で恵まれているが、自ら努力するための情報が少ないのではないか?」「気軽に海外の情報に触れる機会も少ない」という印象を持ちました。


このことがきっかけで、「コントロールPD」は、より多くのパーキンソン病患者さんや関係者に向けてもっと積極的に情報を届けたいとの想いで、2019年11月よりYoutube配信を始めました。



以来毎週水曜日に配信を続けています。3年半以上経った現在、過去の動画は約200本以上、多くの方に支持して頂きチャンネル登録者数も4,250人以上(2023年5月現在)で増加し続けています。主な配信内容は、海外の情報の発信、心身に役立つことや運動、日常生活の工夫、当事者のインタビュー、栄養の話などです


なぜNPO法人に?

今後は、Youtubeでの配信に留まらず、パーキンソン病患者支援団体としての使命をより明確にし、たくさんの方の力をお借りして当事者や家族への支援の充実、パーキンソン病を一般の方に知って頂くためのイベント活動、パーキンソン病早期発見のための啓発運動、当事者の社会貢献のサポート等を行っていきたいとの想いで、この度NPO 法人設立となりました。

bottom of page